1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫あんぱんの日の由来や歴史を調べたら天皇にたどり着いた理由

あんぱんの日の由来や歴史を調べたら天皇にたどり着いた理由

パンの中にぎっしりと詰まった餡が入った「あんぱん」は日本のソウルフードだと思います。

好きな菓子パンランキングでも「あんぱん」は常に上位にくるほど日本人から愛された食べ物です。そんな「あんぱん」はどのようにして作られたのか、由来や歴史と一緒にまとめていきます。

スポンサーリンク

あんぱんの日の由来・歴史

1874年にあんぱんが日本に初登場しました。現在銀座にある木村屋本店で創業者の木村安兵衛・英三郎親子が店頭であんぱんを売り出したのがきっかけです。

当時明治天皇の侍徒であった山岡鉄舟があんぱんを食べて美味しいといったことから、翌年にはあんぱんを天皇陛下に献上する話が持ち上がります。

そして、1875年4月4日には花見のため水戸藩の下屋敷に行幸した明治天皇に鉄舟が献上し、天皇皇后両陛下からあんぱんを「引き続き納めるように」というお言葉を頂戴したそうです。

このことから4月4日は「あんぱんの日」になりました。

木村屋はあんぱんで有名になり、長蛇の列がきたこともあったそうです。多い日にはなんと1日に10万個以上も売れたこともあったそうですよ。

 

木村屋のあんぱんと桜の関係は?気になるカロリーは一体どのくらい

明治天皇に献上されたあんぱんは今でも木村屋で食べることができます。木村親子はあんぱんの他に日本ならではのもので何か付け加えられるものはないかと考えて、桜の塩漬けを思いつきました。

桜は日本を象徴する花ですし、お花見シーズンに合いますよね。そのため、わざわざ吉野山から八重桜の塩漬けを取り寄せてあんぱんの真ん中に埋め込みました。

こうして出来上がったのが「酒種 桜あんぱん」です。今でも多くの人がこの桜あんぱんを目当てにやってきます。

酒種というのは、木村屋ではあんぱんを作る時にホップではなく酒種を使うため、このような名前になりました。

また、餡子にもこだわっており北海道産の小豆を使ってこしあんを作り焼き上げたパンの中に入れています。

これだけ手の込んだ桜あんぱんのカロリーは、たったの135kcalですので、ダイエット中に甘いものを食べるならケーキよりは断然あんぱんを食べた方がいいですね!値段も1個140円とお求めやすい価格なのが魅力的です。

 

木村屋あんぱんは原材料を公開している

普通なら、その店で作られている原材料は公開しません。これには理由があり、ライバルや他の店に真似されるのを防ぐためです。

しかし、木村屋さんでは原材料を公開しているんです。主な原材料は次のものになります。

・小豆こし餡
・小麦粉
・砂糖
・卵
・酒種
・ブドウ糖
・バター
・食塩

さすがに、どの原材料をどのくらい使うのかまでは公開してませんが、これだけ公表しているなんて木村屋さんは太っ腹ですよね。

他の店では絶対に真似は出来ないという自信があるというところでしょうか。

あんぱんというと、コンビニやスーパーでも売っていますが、木村屋さんのあんぱんは天皇に献上されただけあって一味違いますね。疲れた時やご褒美、小腹が空いたとき、お花見にもピッタリなあんぱんです。贈答品としても喜ばれる一品ですので、一度食べてみてくださいね。

同じく天皇に献上されているものとしては「お茶」があります。

 

 

 

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。