1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫阿波踊り2018はいつから?日程をまとめてみた

阿波踊り2018はいつから?日程をまとめてみた

お盆の間は、各地でいろいろな行事や祭りが行われます。その多くは先祖の霊を慰め、ともに楽しむ盆踊りと先祖の霊を再びあの世へ送るための行事となっています。

阿波踊りは盆踊りの一つです。三味線や太鼓、つづみなどテンポの早いリズムと「えらいやっちゃ」のかけ声に合わせてにぎやかに踊り歩きます。今年の阿波踊りの日程をまとめてみました。

スポンサーリンク

阿波踊り2018はいつから?日程

2018の阿波踊りは8月12日(日)~15日(水)の4日間に行われます。

アクセス
・電車~JR四国徳島駅
・車~徳島自転車道井川池田~徳島
阿波踊りをゆっくり見るための駐車場
・無料駐車場3か所(2700台)
・臨時有料駐車場(1700台)
・市内公営有料駐車場(2000台)

お祭り当日は混雑が予想されますので、早めに行動するようにしましょう。

 

徳島阿波踊り見どころ

男性は浴衣をしりからげに着て踊る盆踊りと半天を着て踊る半天踊りがあり、滑稽に踊ったり勇敢に踊ったりします。一方女性は、艶っぽく上品に踊ります。

阿波踊りのかけ声は「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る安保に見る安保、同じ安保なら踊らな損々~♪」といって一般の観客でも飛び入りで参加できるように「にわか連」が用意されていますので、一緒に参加するのも楽しめますよ。

選抜阿波踊りは室内で行われるため、突然の雨でや暑さにも関係ないので、ゆっくりと阿波踊りを楽しむことができます。

 

阿波踊りの由来や起源は

阿波踊りが起源がはっきりしていません。そのためいくつかの諸説がありますがここでは2つご紹介します。

・1587年(天正15年)に徳島藩の祖・蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が築いた徳島城が落成した時に、祝賀行事として城下の民衆が踊ったため。

・旧暦の7月に行われていた盆踊りが変化したもの。

徳島の阿波踊りは江戸時代から400年も続く伝統芸能です。また、西馬音内の盆踊りと郡上踊りと共に日本三大盆踊りといわれているほど迫力があり日本を感じるお祭りですので、一度は見てみたいものですね。

シェアをお願いします。

日本の祭和楽器 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。