1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫【十五夜】月見団子の味はあるのか?数や由来についてまとめてみた

【十五夜】月見団子の味はあるのか?数や由来についてまとめてみた

日本では十五夜になると月見団子を食べる習慣があります。
皆さんはお団子や秋の七草を添えてお月見をしたことはありますか?十五夜のお月様は秋の夜空にぽっかりと浮かんでいるようで、とっても美しいです。

保育園ではお月見会をするところも多いのではないでしょうか。ここではお月見の由来や月見団子の味についてまとめてみました。

スポンサーリンク

十五夜お月見の由来は中国から

月を鑑賞する風習は中国では服るからあり、それが平安の貴族に伝わって武士や町民にも広まったようです。

むかしむかし、カレンダーが無かったころは人々にとって月は特別に大事なものでした。

月がだんだんと丸くなりまた道かけていくのを見て、月日を数えたり、田んぼや畑の仕事に役立てました。

都の貴族も月見をしており、歌を詠んだり琴を弾いたりして月の美しさを深くあじわったりしていました。

特に秋の満月はとてもきれいに見えるので、月を眺めて楽しみました。そして実ったものをお供えして豊作を感謝しました。

 

月見団子の味はほんのり甘い

月見団子が何から作られているか知っていますか?実は作り方はとっても簡単なんです。

材料は次の3つです。

・上新粉
・砂糖
・ぬるま湯

全てを混ぜて耳たぶの固さになるくらいまでよくこねるのがポイントです。味はほんのり、やさしい甘さですので小さい子供もたべられます。

地域によって、この月見団子の作り方は異なります。里芋を入れたり、ゴマをまぶしたりといろんな形があるようです。
お供えしたお団子は月を眺めた後に食べるので、しばらく置いておくので固くなってしまうのが悩みの種でしたが、フライパンで軽く焼いたりサランラップをしてレンジにかけるとやわらかくなりますよ。

 

月見団子の数は十五夜にちなんで十五個

十五にちなんで、一寸五分(約4.5センチ)の大きさに丸めて少しつぶしたお団子を作ると縁起が良いとされています。また、1年の満月に合わせ12個、15を簡略して5個にするときもあります。十三夜には13個または3個お供えします。

ピラミッド型になるように並べましょう。

 

秋の七草を言えますか?

秋の七草はお月見の時にお団子やイモ、果物と一緒に飾ります。七草は次の7つになります。

・くず
・おみなえし
・はぎ
・ききょう
・ふじばかま
・なでしこ
・すすきの

秋の代表的な草花です。春の七草はおかゆに入れて食べますが、秋の七草は飾るのみで食べませんので注意してくださいね。きれいな月を眺めながらお団子を食べて、素敵な夜を過ごしましょう。

シェアをお願いします。

日本の行事 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。