1. ホーム
  2. 和食
  3. ≫箸の持ち方で育ちがわかる?正しい箸の持ち方マナー

箸の持ち方で育ちがわかる?正しい箸の持ち方マナー

四季がはっきりとした日本では、昔から季節の食べ物を大切にしてきました。その季節の素材を十分に生かして盛り付ける器を選び、美味しく美しく頂くよう心掛けてきました。

そういった心を表すために、食事にもしきたりがあります。箸は和食を頂くのに必要な道具です。失礼にならないようにチェックしてみてください。

スポンサーリンク

箸の起源・由来とは?

飛鳥時代に、遣隋使(中国を治めていた隋の王朝を訪問した日本人の使者)が中国の箸で食事をする作法を日本へ持ち帰ったことで、日本でも箸を使って食事をする文化が広まりました。

 

<箸の種類>

・折り箸~竹を折り曲げて作った箸。食べ物を取り分けたり、神様に捧げるものだったとされています。

・箸
主に食事に使う箸として広まりました。古くは木を削ってだけのものでした。

・割りばし
木や竹でできた箸。割り咲いて使う日本独特の使い捨ての箸。

 

 

箸の正しい持ち方・使い方

箸を上手に扱うことは料理を美味しく食べることにもつながります。変な箸の持ち方をしていると人に見られて恥ずかしい思いをする場合もあります。箸の正しい持ち方・使い方を身につけましょう。

1、一本の箸を親指の付け根から薬指の第一関節の上に渡すように載せて親指を添えます。

2、二本目の箸は鉛筆を持つように人差し指と中指の先で挟んで、親指で固定します。

3、親指の付け根に近い箸は動かさずに、人差し指と中指を上下に動かして食べ物を挟みます。

小さいお子様に箸の持ち方を教える時に役立つのが洗濯バサミです。洗濯バサミをつまむ動作が指のトレーニングに役立ちます。箸に洗濯バサミを挟んで指を添えると綺麗な持ち方ができるようになりますよ。

 

箸でやってはいけないこと

何気なくやっている箸の使い方が他の人に嫌な気持ちを与えてしまうことがあります。やってはいけないことを覚えておきましょう。

・わたし橋~食事の途中に箸を食器の上に渡して乗せること。
・箸わたし~箸から箸へと料理をわたすこと。
・寄せ橋~箸を使って食器を世前に引き寄せたり押したりすること。
・さし箸~つまみにくい食べ物を箸で突き刺して取ること。
・ねぶり箸~箸の先をなめたり、くわえたりすること
・迷い箸~どの料理を取ろうか迷って、料理の上で箸を動かすこと。

上記に当てはまっている方は気を付けたい行動ですね。

 

理想の一汁三菜とは

ご飯、汁物(お味噌汁)、おかずの三品(主菜1、副菜2)といった献立のことで、今の日本食の基本となる形です。栄養バランスが取れて理想的な食事です。

今の日本は栄養の取り過ぎだったり、偏ったりしているので昔ながらの一汁三菜が良いとされています。見直したい昔ながらの食事を大事にしたいですね。

シェアをお願いします。

和食 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。