1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫箱崎宮の放生会と当たると評判の占い師情報

箱崎宮の放生会と当たると評判の占い師情報

福岡県の毎年9月に行われる福岡放生会(ほうじょうや)は、福岡三大祭の1つといわれるほど大きなお祭りです。

放生会(ほうじょうや)の見どころと当たると評判の占いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

放生会(ほうじょうや)見どころ

福岡放生会(ほうじょうや)は「ナシもカキも放生会」といわれるほど、秋に盛大に行われるお祭りです。生命を慈しみ秋の実りに感謝して、商売繁盛や家内安全を祈願する1000年以上も歴史がある伝統的なお祭りです。

見どころはなんといっても「屋台」です。国道沿いから大鳥居まで続く表参道に両脇にたくさんの屋台が並びます。その数はなんと約700店舗もあります。

金魚すくいや亀すくい、カニ釣り、ひよこつり、ウナギ釣り、焼き鳥・お好み焼き・フルーツ飴・クレープ・綿菓子・的当てなどなどなど。お祭りならではの出店がいっぱいありますよ。他には外国の屋台も多く、台湾料理やトルコ料理もあります。

放生会(ほうじょうや)期間中は150万人くらいの人でごった返すので、くれぐれも迷子にならないように気を付けましょう。またよく男性でお尻のポケットに財布を入れている人がいますが、落としたり盗まれる可能性がありますので十分に注意しましょう。

屋台のおすすめは「放生会チャンポン」と「おはじき」

放生会(ほうじょうや)の屋台の中で一番おすすめなのは「放生会チャンポン」です。名前だけ聞くと長崎ちゃんぽんと間違えそうですが、「放生会チャンポン」は食べ物ではありません。ビードロと呼ばれるガラス細工のおもちゃです。

「筥崎宮おはじき」は職人の手間暇がかかるため販売を注意していましたが、2018年3月にデザインを一新し販売が開始されました。「筥崎宮おはじき」は”厄をはじく縁起物”として有名です。1つ1つ手作りのため大量生産ができません。貴重なものであるので、近年は販売直後にインターネット上でオークションにかけられる問題も発生しています。

値段は1箱25個入りで3千円くらいで売っています。オークションになるとマニアやコレクターが買い占めるので、値段も高騰します。

 

屋台の営業時間

屋台の営業時間

・午前10時~21時くらい

となっています。日中から夜まで楽しむことが出来きます。

家族連れや恋人のデートで来る人もいるので、屋台の中では、深夜24時まで営業している店もあります。

 

見世物小屋とお化け屋敷

放生会(ほうじょうや)では、昭和レトロな感じの見世物小屋が人気です。日本のお祭りで見世物小屋を観る機会は減ってしまったので、1度は見て損はないでしょう。昔は奇形の人形やグロテスクなものだったらしいですが、今はマジックや変装したショーのような感じになっています。

そして、お祭りに欠かせないのがお化け屋敷ですね!福岡の秋はまだまだ暑いのでお化け屋敷
を見て涼しくなることができますよ。放生会(ほうじょうや)のお化け屋敷は、手作りの人形や人間が変装して脅かすような昔ならではの感じです。恋人同士にはもってこいのデートスポットではないでしょうか。

 

福岡放生会(ほうじょうや)の駐車場・アクセス方法

会場:筥崎宮
住所:福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
駐車場:特設通射場有

箱崎宮前駅から筥崎宮周辺の道路は混雑が予想されますので、早めに行ったほうがいいでしょう。

 

放生会は雨でも決行

雨が降っても放生会はやります。毎年のように雨が降るので慣れている人もいるくらいです。雨が降ることを考えて、傘やカッパなどを持って行った方がいいでしょう。くれぐれも風邪を引かないようにしてくださいね。

 

箱崎宮の放生会に当たると評判の占い師がいる!?

放生会(ほうじょうや)には何年も前から怖いほど当たると評判のコンピューター手相占いのおじさんがいるという噂があります。

結構有名な方らしく、その方に占ってほしいがために放生会(ほうじょうや)に行く人もいるんだとか。最近では、ずらりとお客さんが並ぶため1分くらいしか話を聞けないんだとか。

何やら最初にコンピューターを使って、その次に左手の手相を見てくれて、いろいろと助言をしてくれるみたいです。その方は福岡ではなく東京の方らしく、全国の祭りを周っているんだとか。

占い師というと、どこか怪しい感じもしますがこんなに当たると評判なら1度は占ってほしいなと思ってしまいます。もし出会えた方はラッキーですね。悩みや将来の相談などしてみてはいかがでしょうか。

放生会は日本各地だけでなく海外からも観光客がたくさん集まります。可愛い生き物や見世物が色々ある大規模なお祭りなので思いっきり楽しみましょう。

 

動画

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。