1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫7月のイベント・風物詩・行事・食べ物は何があるのかまとめてみた

7月のイベント・風物詩・行事・食べ物は何があるのかまとめてみた

7月は夏の始まりです。だんだんと暑くなるので熱中症にかからないように対策しながら楽しみましょう。

季節のイベントを楽しみたい方は、7月にはどんなイベント・風物詩・行事・食べ物があるのかまとめてみたのでチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

7月に行われるイベント・風物詩・行事

七夕(7月7日)
7月のイベントとして真っ先に思い浮かぶのは七夕ではないでしょうか。織姫と彦星が年に一度出会える日として、笹の葉に願い事を書いた短冊を飾ります。北海道では8月に行われますが、他の地方は7月となっています。

海の日
毎年7月の第3月曜日は「海の日」という国民の祝日です。海に入って遊ぶ日は限られていますので日焼け対策をして存分に楽しみましょう。

水着
海の日に合わせてデパートではたくさんの水着が売り出されます。水着は肌を露出しますので、開放的な気分になり気持ちがいいものです。毎年流行のデザインが異なるので、見ているだけでも楽しいですよね。海だけなくナイトプールもインスタ映えを狙った若者に人気となっていますので、是非チェックしてみましょう。

セミ
夏になると外でセミが一斉に鳴き始めます。みーんみーんやジージーという鳴き声はセミの種類によって異なります。セミの寿命はとても短く、7日間しか生きることができません。7日をすぎるとセミの死体が沢山地面に落ちているのも、よくある光景ですね。

 

7月の食べ物

スイカ
海でスイカ割りをしたり縁側で三角に切ったスイカを食べるのは夏の風物詩となっています。スイカを食べると夏だなと感じがしますよね。スイカは体を冷やす作用があるので暑い日にはもってこいの食べ物です。また水分補給にも抜群ですので、よく冷やして食べたいものです。

ウナギ
土用の丑といって夏はウナギを食べる習慣があります。夏の暑い日に「う」のつく食べ物を食べることで元気をだそうという日です。

 

7月はこれからますます暑くなる季節です。火照った体を休めるためにも栄養のある食べ物を摂取して夏バテや熱中症に気を付けて過ごしましょう。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。