1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫嘉祥の日の由来・意味と嘉祥菓子にはどんなものがあるのか

嘉祥の日の由来・意味と嘉祥菓子にはどんなものがあるのか

日本では毎年6月16日は「和菓子の日」と呼ばれ、嘉祥(おめでたいしるしの意味)に繋がる和菓子が売り出されます。

嘉祥の日の由来や嘉祥菓子の意味について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

嘉祥の日の由来についてまとめてみた

嘉祥の日は、6月16日に16個のお菓子・または餅を神様にお供えして疫病よけをしたという昔の言い伝えにちなんだ日です。

起源についてはいくつか諸説があります。その一つとして有力なのが次の由来です。

が西暦848年の平安時代に町では疫病が流行していました。この時代を何とかしたいと考えた仁明天皇は6月16日の元号を「承和」から「嘉祥」に変えました。そして厄除けや健康を祈って16個のお菓子や餅を神様にお供えして祈りました。そうすると、今まで人々を悩ませてきた疫病がぴったりと治まったといわれています。

そして、この日が毎年お菓子を食べる「嘉祥菓子」の習慣となって江戸時代まで続くようになりました。

江戸時代では、将軍が白に大名などのを招いてお菓子を振るい、なんと江戸城の大広間には2万個を超えるお菓子や饅頭が並べられていたそうですよ。

江戸時代は戦や激しく体を使うことが多かったため、こうした甘いお菓子は武士や将軍にとって嬉しかったでしょうね。けれど、これがいつしかお菓子は7種類に代わり、16の1と6を足した7種類になりました。さすがに16種類の菓子は昔の人でも食べられなかったでしょうね。

けれど嘉祥の日は明治時代になると廃れていき、昭和54年に全国和菓子協会によって「和菓子の日」として復活してきました。

 

嘉祥菓子にはどんなものがあるのか

嘉祥菓子として代表的なものは、嘉祥まんじゅうです。その他にも和菓子であればなんでも大丈夫です。

羊羹、きんとん、白玉、饅頭、のし餅、水無月、ういろう、どら焼き、大福など沢山の種類があります。

食べると太ることから甘いものを我慢してダイエットをしていている方も、和菓子は油分が少なくヘルシーは日本のお菓子ですので安心して食べられますよ。そのため近年は海外からも人気があるんです。

「和菓子の日」にもなったことをきっかけに、日本の和菓子がもっとたくさんの人に知ってもらえるきっかけになってくれたらいいなと思います。

洋菓子ばかり食べていた方も和菓子の日にはせっかくなので、和菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。