1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫9月2日は「宝くじの日」高額当選するには財布に入れる?保管袋から出す?

9月2日は「宝くじの日」高額当選するには財布に入れる?保管袋から出す?

大安の日には宝くじ売り場にたくさんの人が列をなしています。1枚だけ買う人、連番で買う人と様々です。中には宝くじを買って当選を見るのが趣味の方もいるのでしょう。

誰だってどうせ買うなら高額当選したいですよね。そこで、宝くじにまつわる話や保管方法ついてまとめてみました。

スポンサーリンク

「宝くじの日」高額当選するには財布に入れる?保管袋から出す?

よく「宝くじを買ったら財布に入れるといい」「保管場所を決めてしまっておく」という話を聞きます。

その理由は、当たった人が保管袋に入れていたことや、きちんとしまっておいたことから話が広まったようです。

宝くじを保管しておく場所に風水や縁起を担いでいる人、こだわりがある人もいます。保管する場所をまとめてみると次の通りでした。

・冷蔵庫に入れる
・神棚におく
・財布にしまう
・黄色い保管袋に入れる
・家の西側に保管する
・水から離れた場所にしまう
・財布は黄色がいい

沢山あってこれでは、どこに置くのがいいのか迷ってしまいますね。一体どこにおくのが一番いいのでしょうか?

まず、宝くじをバラや連番で10枚単位で購入すると中身が見えるビニールがついた紙袋にいれてあります。ナイロンやビニールは風水で「火」の気を持っていて「金」と相性が良くないとされています。ですので、購入後は紙袋から出して別の袋や財布・自分が好きな場所に保管するのが良いと思います。

 

9月2日は「宝くじの日」由来・起源

毎年9月2日は「宝くじの日」です。1967年に第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)が制定した記念日になります。

当選しても引き換えられずに時効となってしまう宝くじが多いことから時効防止のPRのために「く(9)じ(2)」の語呂合わせで制定されました。

せっかく当選しても時効になってしまったのならかなりショックですよね。それが高額なら尚更悔しいです。ちなみに私が宝くじを10枚買って当選した最高額はたった3千円ですが、それでも嬉しいものです。

 

宝くじに高額当選するには確率があった

当たったら嬉しい宝くじですが、高額当選する確率はどのくらいなのでしょうか。

 

宝くじの1等当選確率
ジャンボ 1,000万分の1
ロト6 約600万分の1
ミニロト 約17万分の1
ナンバーズ 1万分の1

 

以上のような数字を現実に見てしまうと、やはり宝くじは夢を買うものであり、お金を手にしてはいけないのかなと思ってしまいますね。

 

宝くじ高額当選者は悲惨な人生を歩む理由

宝くじに高額当選したら、後の人生は遊んで暮らせるので会社を辞めたて自由に生活できます。好きなものを好きなだけ買って食べれますし、別荘や車も選び放題でしょう。そんな生活を送れるなんて羨ましいかぎりです。

しかし、過去の高額当選者を調べてみると実際には逆の人生をおくることが多いんですよ。

 

ビリー・ボブ・ハレルJr(Billy Bob Harrell Jr)
1997年に約24億円(3,100万ドル)を手に入れましたが、「NO」と断れないお人好しの性格から、周りに言われるがまま家や新車を買い続けた結果、妻と離婚し最終的には自ら命を絶った。

 

ジェフリー・ダンピエール(Jeffrey Dampier)
1986年に約16億円(2,000万ドル)が当選。家族や友人に家や車などの贈り物を大判振る舞いしたが義妹とその恋人はジェフリーを誘拐し銃殺。

 

キャリー・ロジャース(Callie Rogers)
16歳で約2億3,000万円(190万ポンド)が当選した後、服を買いまくってパーティー三昧、豊胸手術をして、2度の自殺未遂をします。そして22歳になったころには2児の母になって、メイドをしながら浪費した分の借金返済に追われています。

 

日本では10億円が最も高額ですが、海外は数百億円もの当選金になるため、一生遊んで暮らせます。それほど高額当選だとやはり顔や住所が知られてしまうので特に下記の3つは気を付けなければいけません。

・お金を狙って他人が寄ってくる
・散財してしまう
・命を狙われる

全て巨万の富を持っているがために、命まで奪われてしまうなんて恐ろしいものです。お金はたくさん欲しいけれど、こうした記事を読むとほどほどがいいのかなと思います。けどやっぱり・・・欲しいです!

シェアをお願いします。

日本の行事 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。