1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫9月29日は「招き猫の日」由来・意味どんなイベントがあるのか

9月29日は「招き猫の日」由来・意味どんなイベントがあるのか

日本は毎日記念日が設定されています。9月29日は「招き猫の日」です。猫好きの方でも知っている方は少ないのではないでしょうか。

「招き猫の日」になった由来・意味にはどんな背景があるのか、そしてどんなイベントがあるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

9月29日は「招き猫の日」由来・意味

「招き猫の日」は、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光が制定しました。「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合わせから9月29日になりました。

招き猫は前足で人を招く形をした猫の置物です。昔、猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するために飼われていました。古い時代では養蚕は縁起物でしたが、養蚕衰退してからは商売繁盛の縁起物とされています。

 

招き猫の右手は「金運招来」左上げは「千客万来」

招き猫には右手を上げているものと左手を上げているものがあるのをご存知ですか?それぞれ意味があって右手は「金運招来」、左上げは「千客万来」となっています。

今でも神棚に招き猫を飾っているお店があるように、自営業をしている人は右手上げと左手上げの両方をお店に置いておくと商売繁盛してお金も舞い込んでくるといわれています。

一般的のものは白くて右手を上げているものですが、招き猫には手の上げ方以外にも色やご利益が異なるんですよ。

ご利益
金運アップ
魔よけ・厄除け
病除け
学業向上
交通安全
ピンク 恋愛成就

黒や金の招き猫があるのは知っていましたが、まさかこんなに沢山の色とご利益があることはしりませんでした。あなたはどの招き猫にしますか?招き猫を飾って自分の願い事を叶えてみてはいかがでしょうか。願いに関係なくただ飾っておくだけでも可愛いですね。

 

招き猫の日にはどんなイベントがあるのか

・伊勢の「おかげ横丁」
1993年にオープンにしたおかげ横丁の敷地はなんと4000坪という大きさです。江戸時代から明治時代にかけて伊勢の建築物を移築して、当時の街を再現しています。
ここを通るだけで、昔の伊勢の街並みを知ることができるので楽しく歩くことができますよ。

 

・愛知県の「招き猫まつりin瀬戸」
愛知県の瀬戸は焼き物で有名です。焼き物というと、よくとっくりを持った狸の置物を思い浮かべますが、招き猫も作られているんですよ。9月29日付近では、招き猫ミュージアムの絵付けが出来ます。

 

・「ねこまつりat湯島」
東京文京区の湯島で行われる地元店舗によるイベントです。猫をテーマに雑貨やグッツ、限定商品が販売されるだけでなく、保護猫のためにチャリティーも開かれています。

 

このように招き猫の日は全国各地で記念行事が行われているので、猫好きな方は他の猫飼いさんとの交流が深められる良い機会となります。

 

9月29日は、福を招いてくれる招き猫を綺麗に掃除したり、猫が好きな方は猫カフェや飼い猫を是非可愛がってあげてください。もしかしたら思わぬ福が訪れるかもしれませんよ。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。