1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫富士山の山開きの日にちはいつか?由来や意味について

富士山の山開きの日にちはいつか?由来や意味について

「山ガール」なんて言葉も生まれたように、年々登山をする人が増えています。

3月から7月初旬に夏の登山の始まりを祝う「山開き」にはどんな由来があるのでしょうか。富士山の山開きとともにまとめてみました。

スポンサーリンク

日本を代表する富士山の山開きの日ひちは?

江戸時代、富士山は聖なる山の代表とされていました。

富士山の山開きの日にちは7月1日です。

山開き前は山小屋もやっていないですし、トイレもないので初心者は山開き前に登るのは避けた方がいいでしょう。

また、よくテレビのニュースでもやっていますが、遭難したり高山病になったりと自然はなめてかかると恐ろしいものですので、決して甘く見ずに初心者の方はガイドさんと一緒の登るようにしましょう。

今も多くの人々が参詣(さんけい)します。また富士山に登れない人々に参詣するために作られた「富士塚(ふじづか)」という小さな人工の富士山が現在も東京や埼玉などの各地に残っています。富士山付近に住んでいない方は近場の富士塚に行くのもいいと思いますよ。

 

山開きの由来や意味

日本では昔から山は天と地の間になる神聖な場所と考えられていました。そのため今でも登山には山にいる神々と交流する修業の意味があり、いつまでも白装束に杖をついて、修業のために山にのぼる人たちの姿が見られます。

山の雪が溶けるころ、各地の山で登山シーズンの始まりを祝い登山者の無事を祈る山開きが行われます。江戸時代は普通の人々は夏の一定期間しか山に登ることはできませんでした。山に登れるその年の最初の日を山開きとして祝うようになりました。

 

静岡県富士宮市の富士山お山びらき

「富士山お山びらき」富士山のふもとにある富士山本宮浅間大社で行われる山開きです。登山シーズンの始まりを祝い、富士山を登る時に使う杖をかたちどった大金剛杖を運びながら登山者の安全を祈ります。

 

東京都文京区の駒込富士神社

代表的な「富士塚(ふじづか)」の一つです。小高い山の上に富士山の神様をうつした拝殿があり、山開きには出店が出て賑わいます。

山の天気は変わりやすいため絶好の登山日和になるのは多くありません。何があっても登山は自己責任ですので、しっかりと事前の準備をしておきましょう。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。