1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫お盆で迎え火をする時間と方法をまとめてみた

お盆で迎え火をする時間と方法をまとめてみた

8月13日から15日ごろの時期は「お盆」といって亡くなった人の魂が家に帰ってくる日です。

子供のころは盆踊りに行ったことがある方も多いのではないでしょうか。魂が迷わないように正しいお盆の方法、迎え火の時間についてまとめてみました。

スポンサーリンク

お盆で迎え火をする時間帯はいつがいいのか

霊を迎えたり送り出したりする風習は今も行われています。お盆の時期に迎え火と送り火を炊いくのは、亡くなったご先祖様が家に帰ってくるのを迷わないようにするためです。

・迎え火は8月13日の夕刻
夕刻にするのは、亡くなった霊は、暗くなってから動き出すという考えがあるためです。薄暗くなってから、迎え火を灯すことで、ここがあなたの家ですよと目立たさせる役割があります。

 

・送り火は8月16日の夕刻
送り火には家に帰ってきたご先祖様の霊が、きちんと元の場所に帰れるように。という意味があります。

 

地域によっては、15日がお盆の最終日なので15日にやるところもあります。これには、「お盆が終わる前に送り出すのか」「お盆が開けてから送り出すのか」という違いがあるためバラつきがあります。

 

時間帯は特に決まっていませんが、迎え火と送り火は夕刻に行うのが一般的です。

 

全国的に8月が多いですが、地域によっては7月にするところもあります。8月が多いのは、7月だと農作業が忙しいため、落ち着いた8月に行うのが主流になったという説があります。

京都の大文字山の上で大きな「大(だい)」という字に火を灯す送り火は、江戸の昔から続く有名な行事となっています。

 

 

お盆の由来を知っていますか

昨今は、お盆はたんに夏休みの代名詞となり、本来の意味を知らない世代が増えています。そのため「どうしてお盆をするのかな」「おうちではお盆に何をするのかな」という方もいるでしょう。

 

<お盆の由来について>

昔々、お釈迦さまという立派な人の弟子に目連(もくれん)という人がいました。

目連(もくれん)は亡くなったお母さんのことで心を病んでいました。死んだ人の世界でお母さんが苦しんでいる様子が見えたからです。

お釈迦さまは目連(もくれん)に「目連(もくれん)、一人ではなく、皆と一緒に、お母さんだけでなくずっと前に亡くなった他の人たちの供養もしなさい」と教えました。

その教えがあって祖先の霊を大事にする日本の風習と合わさって、今のお盆になりました。

 

お盆は亡くなった方を供養するのに、お供え物として食べ物をたっぷりと用意するとされています。

 

精霊馬(しょうりょううま)に先祖を乗せよう

きゅうりに割りばしなどで足を付けて馬に見立ててお供えします。

なすは牛に見立てています。

ご先祖様が馬に乗って、牛に荷物を背負わせて帰れるようにという意味が込められています。

我が家では、割りばしは大きすぎるため、爪楊枝で代用しています。爪楊枝だと手軽にさせるので小さな子供でも簡単させるので、一緒にお盆を楽しめますよ。

 

盆踊りは浴衣を着よう

盆踊りには戻ってきた霊を慰めるためにする踊りです。

浴衣をきて明るく楽しく踊りましょう。盆踊り会場にはチョコバナナや、焼きそば、たこ焼き、金魚つりなどいろんな出店がでていますので、見て食べて楽しむとご先祖様も嬉しいでしょう。

 

精霊流し(しょうりょうながし)

その他のお盆の行事には、精霊流し(しょうりょうながし)というのがあります。

精霊流し(しょうりょうながし)とは亡くなった人の霊のことをいいます。戻ってきた霊が安らかに変えることができるように、供え物を船に乗せて海に流す行事です。

主に長崎県各地でお盆に行われる伝統行事で、精霊船にかける費用は各家庭バラバラで、小さい物は1万円から何百万もかける豪華なものもあります。
この精霊船は最後には解体させるそうです。それなら少額でよさそうですが、何百万円もかけう人は凄いですね!

精霊流し(しょうりょうながし)は花火や爆竹がものすごく激しいため、耳栓なしではいられないそうです。もしかすると世界で一番玩具花火を使う日かもしれません。

 

このように日本には先祖を大事にする古来の伝統が伝えられています。素晴らしいことなので代々受け継ぎたい行事だなと思います。大切に残していきたいものですね。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。