1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫織姫彦星本当の話を知っていますか?実は知らない意外なストーリー

織姫彦星本当の話を知っていますか?実は知らない意外なストーリー

七夕の日は年に1回、彦星と織姫が出会うことができる日だということは、大体の方が知っていると思いますが、本当の話を知ったら、ちょっとイメージが変わったので皆さんにもご紹介します。

きっと驚くと思いますよ・・・。

スポンサーリンク

知らないと損する七夕のお話し

天の神様は娘の機織りの織女(おりひめ)が自慢でした。織女(おりひめ)はとても働きもので、いつも神様たちへの美しい着物を作っていました。その織物はとても美しく、5色の光に輝いていました。

同じく天の川で牛の世話をしている彦星(ひこぼし)がいました。彦星(ひこぼし)も働き者でした。毎日朝から夜遅くまで仕事に励んでいました。彦星(ひこぼし)と機織りの織女(おりひめ)は、とても仲が良く、天の神様は二人を結婚の許しました。二人は大喜びです。

ところが結婚した後二人は遊ぶことに夢中になり、ちっとも働かなくなりました。神様が激怒して二人を引き離してしまいます。

嘆き悲しむ二人をみて可愛そうに思った神様は、1年に度だけ会うことを許してくれました。7月7日の夜、空に天の川を渡って二人は合うことができます。

地方によっては、雨が降ると会えないとか、カササギという鳥が羽を広げて渡してくれるなど、様々な形で流布しているようです。

私は今まで七夕は彦星と織姫は恋人同士だと思っていたのですが、夫婦の話だったんですね。よく知らなかった方の中には、二人は兄弟だったと思っていた方もいるのではないでしょうか。

遊んでいたがために、愛し合っていた夫婦が1年に1度しか会えなくなるなんて、結構シビアな話ですよね。

実は七夕は中国から伝わった話なんですよ。

 

その他にも中国から伝わったものには鯉のぼりがあります。

 

七夕の本当話を知らないご家庭でもあると思うので、今一度七夕の話を教えてあげてくださいね。

 

天の川で織姫と彦星を見つける方法

年に1度の七夕に星座を見て楽しむなんてロマンチックですよね。

どれが織姫なのか、彦星なのかを簡単に見分ける方法をご紹介します。

1、まずは、東の夜空を見上げて「夏の大三角形」を見つけましょう。

2、その中でひと際目立つ明るい星がこと座のベガ、織姫です。

3、天の川を挟んでベガと反対側にあるのがわし座のアルタイル、彦星です。

現在の7月7日は梅雨の時期です。ですので、なかなか晴れることがないので星がみずらくなっています。願い事を書いた短冊も外に置いておくとびしょびしょに濡れてしまうことになるので気を付けましょう。

 

七夕には星うつしをする地方もある

器に水をはって夜空の星をうつして、星明りの中で針に糸を通すことができると裁縫が上手になるといわれています。

女の子がいるご家庭は是非やってみてはいかがでしょうか。

社会人なると星をじっくり見ることなんて少なくなりますよね。ましてや都会に住んでいる人は、ビルの明かりで星が見えずらい状況にあるでしょう。

地方では星がよく見えることから地域活性化の一環としてツアーが組まれているところがあり、デートやプロポーズに人気だそうです。

たまには時間を忘れてゆっくりと星を見るのもいいですね。

 

 

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。