1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫赤い羽根募金を町内会で回収する場合もめずに回収する方法

赤い羽根募金を町内会で回収する場合もめずに回収する方法

町内会に入っていると年に数回、赤十字や赤い羽根募金、歳末助け合いという名目で募金をすることがあります。もし班長など役員をやっていたら、もめることもあるでしょう。ご近所さんとの付き合いもあるので仲良くしたいけれど、もめずに回収する方法はあるのでしょうか。解決策を練ってみました。

また、赤い羽根募金の相場はいくらなんでしょうか。まとめてみたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤い羽根募金をもめずに回収する方法

赤い羽根募金は年に1回です。任意の募金ですが半強制的に班長が各家に回収しに来ます。高齢化が進んでいる町内会、若い世代ばかりの町内会も多く嫌な顔をさせることもしばしばあります。こうなると回収に行く方も来られた方も憂鬱ですよね。どうしたら円滑に終えることができるでしょうか。

班長になった場合は面倒ですが仕事ですので、期限がありますから手早く済ませたいものです。回収しに行っても出てこないときはポストに「何日までも班長宅に届けてください」と書いたものを投函してすぐに後回しにしましょう。

また何度も訪問するのは大変なため、最初から回覧板にて「何日までに班長宅にお持ちください」と紙に書いて回してもらうのもいいでしょう。

回収に来られる側は、募金なので少なくても構わないので町内会のルールなら従った方がいいでしょう。自分の生活にも余裕がないのに何で募金しなきゃいけなのかと思うかもしれませんが、町内会に入っているのなら協力する方が人間関係のいざこざに悩ませるよりよほどマシではないでしょうか。

最近はこういった行事は少なくなった地域もあるので、寄付金集めは辞めたところもあります。町内会での会議の時に相談してみるのもいいと思いますよ。

 

赤い羽根募金は小学校・幼稚園でやる場合もある

地域によっては、子供が通う小学校や幼稚園でも赤い羽根募金をやっているところもあります。強制ではないけれど、なんとなく募金しなければなんとなく気まずい雰囲気ですので募金をする方が多いようです。

一体いくらくらい募金するのがベストなんでしょうか。

 

赤い羽根募金の目安と相場

募金は気持ちの問題なので、本人が負担にならない額が一番ベストな金額でしょう。1円でもいいし千円でも1万円でもいいんです。

けれどそうはいっても他の家がどのくらい募金しているのか気になりますよね。調べてみるとだいたい10円から500円くらいが一番多いというのがわかりました。ちなみに我が家は最初は500円でしたが、今は300円にしています。

子供が募金をする時は子供のお菓子代1回分くらいを我慢させて募金させたりと募金の意味を分からせることが大切です。

 

赤い羽根募金の使い道は?

募金の70%は募金をした市町村で使われます。残りの30%は市町村以外の広域な問題を解決するために都道府県で使われます。

例えば、障害者への活動支援や高齢者の福祉施設、地域防災活動などです。その他には災害時にボランティア活動支援などにも使われることがありますよ。

 

赤い羽根募金の期間

期間は毎年10月1日~12月31日の間です。

この時期になると町でも募金箱をもったボランティアさんを見かけるようになります。

 

赤い羽根募金のポスターコンクールに参加しよう

毎年、赤い羽根共同募金ではポスターコンクールがあります。暖かい助け愛の心の輪を広げて、子供たちの募金に対する理解を進めるために募集をしています。

応募資格は、県内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に在学する児童及び生徒です。絵が好きな方はぜひ参加してみましょう。

 

赤い羽根と緑の羽根、青の羽根の違いを知っていますか?

赤い羽根募金を知っている方は多いと思いますが、緑の羽根募金や青の羽根募金があるのを知っていますか?それぞれどんな募金なのか下記にまとめてみました。

 

・赤い羽根募金~町の社会福祉事業に使われる募金。

・緑の羽根募金~地球温暖化防止やおいしい水づくりなど自然を守っていくための募金。

・青の羽根募金~海で遭難した人々の救助活動にあたる全国のボランティア救助員の方々を支援する募金。

 

このように日本にはたくさんの募金活動があります。普段気にしていなかったけれどこんな意味があることを知った方も多いでしょう。これからも助け合いの心を大事にしていきたいですね。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。