1. ホーム
  2. 日本の挨拶
  3. ≫暑中見舞いの書き方・出す期間について近況報告の仕方

暑中見舞いの書き方・出す期間について近況報告の仕方

日本では昔から、7月中旬から8/7ごろに「暑中見舞い」といって季節の挨拶を送る習慣があります。

いざ「暑中見舞い」を書こうと思ってもどのように書けばいいのかわからない。出す期間がわからない。といった方も多いのではないでしょうか。正しい「暑中見舞い」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

暑中見舞いの書き方は近況報告をしよう

「暑中見舞い」は、暑い夏を元気に乗り切ることを願って、日頃お世話になっている人や友達などに送る挨拶の手紙のことをいいます。

もともとは手土産などを持ってお世話になった方に直接挨拶に出かけていました。今ではハガキで気持ちを伝えるのが普通になっています。

気難しいことを考えずに、日頃の挨拶と近況報告を書けばいいでしょう。

 

<例文-祖父祖母宛て>
暑中お見舞い申し上げます。

おじいちゃん、おばあちゃん、お元気ですか?
私は花火をしたり、夏祭りに行ったりと夏休みを楽しく過ごしています。
プールにも通っていて、この前50メートルを泳げるようになりました。
もうすぐ遊びに行くのが楽しみです。
暑いのでお体に気をつけてください。
○月○日  名前○○

 

<例文-友人宛て>
暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
先日はお食事会にお招きいただきありがとうございました。とても楽しい時間を過ごさせていただきました。今度は我が家にも是非遊びにいらしてください。これからも暑い日が続きますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
○月○日

 

暑中見舞い(季節のたより)を出す期間

暑中見舞いは、梅雨明けの7月中旬から立秋の前日(8月7日ごろ)までに出されます。また暑中見舞いのほかには、季節に麹で挨拶の手紙を送る習慣があります。

 

暑中見舞い 梅雨明け(7月中旬)~立秋の前日(8月7日ごろ)
残暑見舞い 立秋~処暑(8月23日ごろ)
寒中見舞い 1月7日~立春前日(2月3日ごろ)
余寒見舞い 立春~寒さがおさまるころ

 

暑中見舞いに使える夏を表す季語まとめ

四季の移り変わりがはっきりとしている日本では、昔から自然を親しみ、季節を表す言葉を「季語」と呼んで使ってきました。

「季語」はさくらなら春、雪なら冬など表す季節を旧暦に合わせて決めています。暑中見舞いにも使ってみましょう。

・青嵐(あおあらし)~初夏の強い南風
・汗
・セミの抜け殻
・炎天(えんてん)~太陽が照り付けるとても暑い天気
・水泳
・風薫る(かぜかおる)~青葉や若葉をふき渡ってくる初夏の風
・雲の峰~夏の空にもくもくと高くにある雲
・夏草~夏に青々と生える草
・裸足
・昼寝
・冷蔵庫
・五月雨(さみだれ)
・夜の秋~少し涼しくなり秋になったよう感じる夜のこと

手紙やはがきが届くと嬉しいものです。最近はITが進んでこうした昔ながらのあいさつ文を描く人が少なくなっているので、こうした文を書けるとしっかりしているなと良い印象をもたれるでしょう。

仲のいい友人や親せきに普段とは違った挨拶をしてみてはいかがでしょうか。きっと驚いて喜んでくれると思いますよ。

シェアをお願いします。

日本の挨拶 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。