1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫七夕伝説の発祥の地である中国と日本の違い

七夕伝説の発祥の地である中国と日本の違い

七夕は幼稚園や保育園で必ず行われる楽しい行事です。たとえ笹竹がなくても、折り紙で飾りを作ったり、親子で短冊に願い事を書いたりして、他の何かに結ぶなどして代用出来ます。

そんな七夕伝説は中国から日本に伝わりましたが、その内容には違いがあります。それぞれの話の内容を比べてみました。

スポンサーリンク

中国の七夕祭りの由来

中国では7月7日は、牽牛星(けんぎゅうせい)と織女性(しょくじょせい)の恋物語である「星祭(ほしまつり)」と、織女性(しょくじょせい)を祀り、機織り(はたおり)や手芸の上達を祈った「乞巧奠(きこうでん)」という行事がありました。

 

現在の中国でも、誰が針に糸を一番早く通せるのか競うことがあるようです。

 

日本の七夕の由来は中国の星祭と合わさったもの

なぜ七夕になると願い事をするのかな、どうして短冊を結ぶのかな、そんな疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

日本では、昔7月7日は水の神様を迎える行事を行う日でした。「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる女の人が夜通し機(はた)を織り、織った布を神様にお供えして、病気や悪いことが起こらないようにお願いしました。

中国の星祭は、その後日本にも伝わって、棚機女(たなばたつめ)の言い伝えと組み合わさって、願い事をする日になりました。

 

七夕同様に中国から日本に伝わったものには「鯉のぼり」があります。

 

江戸時代には町の人にもこの習慣が伝わって、願い事を書いた短冊を笹竹につるすようになったんです。笹竹につるすのは日本独自のまつり方です。

なぜ笹竹につるすようになったのかというと、竹は1日に1メートル近く伸びることがあるほど成長が早く、人々はその秘められたエネルギーに影響されて願いを託したといわれています。天に向かって、すくすくと伸びていく姿から、願いも天に届くようにという気持ちが込められいるんです。

北海道では1か月遅れて8月7日に七夕祭りをやる地域があります。北海道全域ではないですが、多くの地域が月遅れで行います。なぜ1か月遅れてやるのかというと、旧暦と新暦の月日が変動するの関係にあります。

 

北海道は月遅れで8月7日に七夕祭りを行うのはどうしてか

七夕はもともと旧暦の7月7日に行われていたんですが、その後1873年に新暦が使われるようになり、ややこしい事態になってしまいました。

それは、旧暦は月の満ち欠け周期が1か月の基準となっていました。この周期は約29日となるため29日×12か月=348日となります。今現在の新暦は365日ですから旧暦との差が生じてしまうんです。ですので、旧暦7月7日は今の8月~9月ごろになるため月遅れとしてやる地域があるんです。

 

北海道の七夕はハロウィンに似ている

短冊に願いを書いてつるすまでは一緒ですが、北海道ではハロウィンと同じように近所にお菓子をもらいに行きます。

「ローソクだーせー、だーせーよー♪」

と歌いながら近所を回ります。他にはない習慣ですので、地方の出身に話した時は驚かれましたね。

日本の行事はこのように地域によっても違いがあるところが面白いなと思います。

みんなで今年は何をお願いしようかなと考えたり、折り紙で笹飾りを作ったり、歌を歌ったりとできる範囲で家庭でも楽しみたいですね。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。