1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫こどもの日は地域によって違う「武者のぼり」の由来と意味

こどもの日は地域によって違う「武者のぼり」の由来と意味

5月5日は「こどもの日」です。子供の人格を重んじて、子どもの幸福をはかるとともに母に感謝する日という意味があります。

国民の祝日であるこの日は端午の節句とも呼ばれ、鯉のぼりを上げたり兜や鎧、五人人形を飾ったりしますが、調べてみると地方によってはこどもの日は「武者のぼり」と呼ばれるところもあります。

ということで「武者のぼり」をよく知らないという方も多いと思うので、由来や意味について深く調べてみました。

 

スポンサーリンク

武者のぼりの由来と意味は?どこの地方

武者のぼりは、甲州や中部、九州地方などの限られた地域の風習です。実際、北海道や東北地方の方に聞くと知らない。何それ?という答えが返ってきました。

武者のぼりは地方によって呼び方が異なります。

「武者絵のぼり」「武者のぼり旗」「武者絵のぼり旗」「節句のぼり」「五月のぼり」「絵のぼり」とも呼ばれるところがあります。

全てに”のぼり”がつきますが、その前は様々です。

武者のぼりは戦国武将の「旗指物(はたさしもの)」に由来します。旗指物(はたさしもの)とは武士の軍旗で、これが江戸時代になって武者のぼりになりました。

武者のぼりを端午の節句に立てたのは、室町時代末期の武家社会で「端午の節句に、旗指物を虫干しをかねて飾る」という風習があり、庶民がその風習を見て真似したことが始まりだといわれています。

地域によってその絵柄は異なりますが

・強くたくましく育ってほしい
・子供に幸せな人生を送って欲しい

といった願いが込められていたそうです。

 

武者のぼりは鯉のぼりの原点だった説がある

江戸時代中期には立身出世の象徴として、武者のぼりには鯉の滝登りの絵柄が書かれるようになりました。その後、その図柄から鯉の小旗(こねき)が鯉のぼりの原形になりました。

現在は鯉のぼりは立体型が主流ですが、この形になったのは明治時代以降のことです。

そんな昔から子供の成長を願い元気に育ってほしいと願いを込められているものを飾るなんて、とても日本人らしいなと思いました。

昔は今と比べて食べ物も豊富ではないですし、医療も発展していません。ましてや戦争で貧しい思いをした人も多かったでしょうから、大人になれるまで成長できた子供が少なかったことも関係しているのかもしれませんね。

子どもいるご家庭はぜひ、こどもの日を大事にしてあげてくださいね。

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。