1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫江戸時代の結婚式は今とどう違うのか

江戸時代の結婚式は今とどう違うのか

江戸時代の結婚式は今の結婚式と比べてどんなスタイルだったのでしょうか。位が低いほど自由でしたが、身分が高いほど縛りがあって大変だったみたいです。

結婚スタイルの違いを

・通い婚
・嫁入り
・独立婚
・現代の結婚式

に分けてまとめてみました。

スポンサーリンク

江戸時代の結婚式スタイル

・通い婚
通い婚は、男性が女性の家に通うことをいいます。農村で残っていたスタイルで結婚しても互いの家から出ていくことはせず、それぞれの家から通いあいます。

今では考えられませんよね。しかし当時は一緒になるにはこの方法しかなかったそうです。

 

・嫁入り
嫁入りは女性が男性の家に入るスタイルです。男性の家族(ご両親)と同居することが決まっています。今でもご両親と同居するスタイルは残っていますよね。

ご両親と馬が合えばいいですが、なかなかそう上手くはいかずもめるケースが多発しているので、親とは別居するの方が多いです。江戸時代の嫁入りは必ず同居が義務づけられていたので、お嫁さんはかなり気苦労が絶えなかったでしょう。

 

・独立婚
どちらの家に入ることなく2人で独立して暮らすスタイルです、現代の私たちが最も多いケースですね。

江戸時代の長屋の住人など身軽に動ける人に独立婚が多かったようです。

 

江戸時代は自由に結婚ができなかった

特に身分が高い家では本人同士の気持ちは考慮されずに家同士での結婚を大事にされるため、嫌でも身分相応の相手と結婚しなけれいけませんでした。この風習は昭和の時代の前半頃まで強くありました。身分が高ければ食べ物や着るもの、お金の心配はありませんが、好きでもない人と結婚するのは考えただけでも苦痛ですね。

けれど、身分が低い人たちはお見合い結婚や恋愛が主流でした。ずっと一緒にいる相手ですから自由に恋愛をしたいものですね。身分が高い人は羨ましかったのではないでしょうか。

 

現代の結婚式|由来と意味

結婚は二人で新しい家庭を作りともに人生を歩むことをいいます。

結婚式はこれらを誓いあい、さまざまな形があります。

・神式(しんしき)~新道(しんとう)の神様に結婚を誓います
・キリスト式~キリスト教の神様に誓います
・仏式(ぶっしき)~仏さまに誓います

最近では、親しい人達の前で誓う「神前式」もあります。結婚式では披露宴を行う場合もあります。披露宴では、夫婦になった二人をお互いの親戚や友人に紹介して、祝いの食事を囲みます。

昭和時代の前半ごろまでは、花婿の家で行われるのが一般的でしたが今ではホテルなどで行われることが多いです。

江戸時代と比べると現代は自由に恋愛ができるようになったことがわかりますね。長い人生を過ごす相手を自分で選べるいい時代に変わって本当に良かったですね。

シェアをお願いします。

日本の行事 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。