1. ホーム
  2. 日本の行事
  3. ≫シロウオ(素魚)の寄生虫に注意!踊り食いは危険か?美味しい食べ方まとめ

シロウオ(素魚)の寄生虫に注意!踊り食いは危険か?美味しい食べ方まとめ

シロウオ(素魚)の寄生虫に注意!踊り食いは危険か?美味しい食べ方まとめ
春を告げるといわれるシロウオ。通な人はシロウオを食べないと春が来たといえないそうです。食べ方として踊り食いが有名ですがシロウオには寄生虫の危険性があるのでしょうか?

最近アニキサスが流行しており、心配だったので調べてみました。

スポンサーリンク

シロウオ(素魚)の寄生虫に注意が必要か

サバやサケ、ニシンなどの魚によくいる寄生虫の「アニキサス」は多くの感染者を出してニュースになっています。アニキサスに感染すると激しい腹痛や下痢に悩まされるため、とても危険です。

シロウオは日本では、踊り食いといって生きたまま食べる風習があります。小さい魚ですが危険があるなら食べたくはないですよね。

調べてみると河川付近でとれるシロウオに寄生虫がいる可能性は・・・あります!重い症状になることは少ないですが注意が必要です。

どんな寄生虫がいる可能性があるかというと、横川吸虫(よこがわきゅうちゅう)と呼ばれる動物になります。人体に入ると小腸に寄生します。日本では感染報告で一番多いのが、アニキサスで、2位が横川吸虫(よこがわきゅうちゅう)となっています。

ここまで読むと、シロウオを生で食べるのは怖いな、食べるのを止めようかなと思ってしまうでしょう。

けれど、シロウオの踊り食いは現代でも食べられていますし、ニュースでもシロウオの寄生虫感染が話題となっていないところを見ると、感染率はかなり低いといえます。また、踊り食いはシロウオは大量に食べるわけではありませんので被害は少ないでしょう。

ですので、シロウオを生で食べても死に至るわけではないので、少しくらいなら大丈夫ですよ。魚は鮮度がいいなら断然刺身が美味しいですから生で食べたいですもんね。

 

シロウオ(素魚)とシラウオ(白魚)の違い

名前が1文字違いで似ているシロウオ(素魚)とシラウオ(白魚)。実は全く違う魚なんです。簡単な見分け方をまとめてみました。

シロウオ(素魚)
・サケ目シラウオ科の淡水魚
・全長約10㎝
・頭が丸い

 

シラウオ(白魚)
・スズキ目ハゼ科の海水魚
・全長約5㎝
・頭がとがっている

 

見分けるポイントとしては川にいて頭が丸いならシロウオ(素魚)と覚えておくといいでしょう。

 

シロウオ(素魚)の美味しい食べ方

とれたてばかりなら踊り食いがいいでしょう。私も初めて踊り食いをしたときは、可哀想だなと思って食べずらかったのですが、実際食べてみると、口の中でシロウオ(素魚)がピチピチと跳ねて面白いなと思いました。味も甘みがあった美味しいかったです。まさしく生命をそのまま頂く日本ならではの食べ方ですね。

その他の食べ方としては次のものがあります。

・かき揚げ
・卵とじ
・釜揚げ
・パスタ
・アヒージョ
・味噌汁
・混ぜご飯
・チヂミ
など

なるべく生で食べたいけれど、動いているのが苦手な方は、氷の上に乗せるとシロウオ(素魚)は失神するので刺身のように食べられるのでおすすめです。

 

毎年3月に開かれるシロウオ祭りの詳細

春の風物詩とされるシロウオ漁。日本では古くから伝わる伝統漁法です。和歌山湯浅町や山口県萩で開かれるシロウオまつりは毎年大人気です。

しかし漁を生業とする人は年々減少傾向にあります。萩では今では8人くらいしか漁をおこなっていない現状となっています。

2月下旬から産卵するため川を上ってくるシロウオ(素魚)は四つ網漁でとります。網を柄杓でたたいてシロウオ(素魚)を網の中央に寄せて柄杓でまとめてすくいます。1日3~4時間の間に200回この作業をして多い時は7キロくらいとれます。去年収穫量約148キロでした。

シロウオ(素魚)は収穫量が少ないため大変貴重な魚です。春が旬ですので見つけたら是非食べてみてくださいね。

 

動画

シェアをお願いします。

コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメント

この記事にはコメントできません。